データベースで管理するツールの紹介


  TOP>データベースで管理する




データベースで管理する


CMS
CMS(Contents Management System)は、サイトのコンテンツ・データを管理して、各ページの作成や更新を自動化するシステム の総称です。これを利用したサイトもときどき見かけるようになりました。

ページのヘッドやフッタ部分はそのままでいいけど、「中身のコンテンツ部分」だけだびたび更新したいとか、「商品部分」を追加したいけど大量 にある。

その「中身のコンテンツ部分」や「商品部分」だけ差し替えたり、追加すれば、後は自動的にページに仕上げてくれるというものです。

サイト作成や管理の手間を大幅に軽減できる可能性があります。

CMSを使う手順
  アップロード
基本的手順はほぼ同じです。
  自分のCMS
まず自分のレンタル・スペースに、CMSをアップします。
  自分のCMS
そのCMSをネットから開いて、そこに「コンテンツ・データ」を入力します。
  メリットある?
そのCMSをネットから開いて、そこに「テンプレート」を入力します。

  ページを仕上げる
後はボタンを押せ(再構築)ば、サーバー側で「テンプレート」にそれぞれの「コンテンツ・データ」を組み込んでくれて、 サイトの各ページを仕上げてくれます。

サイトにアクセスしてきた人はこの仕上がったページを見ることになります。

サーバー側
データベース
(コンテンツ・データ)
→→→
←←←

テンプレート →→→
CMS


完成ページ

CMSの種類とサイト
  MT(Movable Type)
個人のブログサイトを構築するのに使われるMTですが、CMSとしての使い方もできます。 ただ決まったテンプレートは用意されていません。

自分で作らない場合は、サイトや本で無料で提供しているものもあり、それでも充分まにあいます。

ヘッド
Side Main
フッタ


  XOOPS
XOOPSは「テンプレート」の基本形が下のようなブロックに最初から設定されているCMS で、ブロック毎にデータを作って入力して、データのページへの組み込みは自動でするCMSです。

ヘッド
Side Main Side
フッタ


  JAWS
JAWSはXOOPSよりさらにブロックを細かくしていますが、「テンプレート」の基本形が下のようなブロックに最初から設定されているCMS で、ブロック毎にデータを作って入力して、データのページへの組み込みは自動でするCMSです。

JAWSについては今のところ英語版サイトしかないようです。

ヘッド
サブ・ヘッド
Side Main Side
サブ・フッタ
フッタ


気をつけてほしい点
  メリットある?
サイトを作った後、コンテンツの追加・変更する必要が少ない場合は、CMSを使うメリットはすくないです。 というか使わないほうがいいです。

  導入前にCSS
CMSを扱うには、CSSやXHTMLの知識がすこし必要です。とくにCSSはある程度使いこなせないと壁にぶつかります。 CSSはHTML作成にとても役に立ち、SEO対策としても有利なページをつくれますから、CMS導入前にCSSのマスターをオススメします。

  サーバーは大丈夫?
CMSはサーバーに負担がかかりますから、扱えないCMSもあります。使おうとしているCMSが、自分のレンタルサーバーで許可されているか 確認してから導入してください。また充分にローカルでテスト運転してからアップロードするようにしてください。




黒ずみ
  毛穴の黒ずみ
  肌(はだ)の黒ずみ
対策と予防
  Amazon
  美容先進国:デルマトラッタ
  ドクターシーラボ:ラボラボ
  石 鹸