検索エンジンのインデックス


  TOP>検索エンジンのインデックス




検索エンジンにインデックスしてもらう方法


検索結果に表示されるために
このページのテーマは、検索結果の上位表示を目指すSEO対策をする前の段階です。

Google、Yahoo!、MSN の検索エンジンの検索結果に表示されるためには、それらの検索エンジンに まず自分のサイトを認識(インデックス)してもらわなくてはなりません。

インデックスされると、URLを入力して検索すれば結果表示されますからすぐにわかります。

被リンクを増やす
インデックスしてもらうには、検索エンジンのロボットがサイトに来てくれなければなりません。 ロボットはリンクをたどってサイトにたどり着き情報を拾っていきます。ですからリンクされていないと(被リンク)、 いつまでたってもロボットがきてくれなくて、インデックスされません。最初は少なくとも1つの被リンクが必要です。

その為には、被リンクされるのを待つだけでなく、自分で出来る次の方法でロボットの来る 道を作ってあげます。
  中小検索エンジン登録
  相互リンク
  自分の他のサイトからのリンク

尚、できたてのサイトで最初から大量の被リンクがあるのは不自然とみなされて、スパム扱いになる可能性が ありますから、ほどほどに増やしていくほうがいいでしょう。

URLの登録
検索エンジンのロボットが来てくれるように、「URLの登録」をしておきます。 ただロボットがかならずきてインデックスされるとはかぎりません。またいつ来てサイト情報をひろっていくかも保証されていません。
  Google の URL 申請ページ
サイトの登録 / 削除(Googleについて内)
  Yahoo! の URL 申請ページ
「Yahoo! JAPAN ID」でloginして、 検索エンジン用ロボットの巡回先への推薦( サイト管理者向けヘルプ
  MSN の URL 申請ページ
サイトの URL を MSN サーチに登録します(MSN サーチと検索ツールについて内)

Google Sitemapsとツールバー
   Google Sitemaps (サイトマップ申請ページ)
サイトマップはファイル全体を把握してもらうためのものですから、サイトマップ申請したとしても、インデックス自体には有利にはなりません。 インデックスされた後は役に立つとおもいます。

  Google ツールバー Beta
Google の機能をウェブ上のどこからでも利用できるものです。
Su-Jine の独り言」で、 フレッシュクロールサイトにするにはサイトを頻繁に更新することが効果がありますが、そのサイトを更新したことをクローラに伝える ものがGoogle ツールバーらしいという記載があります。
Google のフレッシュクロール対象サイトにするには、Googleツールバーからの検索したほうがいいということになります。

きちんとチェックしてないですが、管理人をそういわれてみれば、そうかもという感じはあります。

2万社以上の実績があるSEO対策サービス
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!


アフィリエイト NEXT
  BLOOM
対策と予防
  Amazon
  美容先進国:デルマトラッタ
  ドクターシーラボ:ラボラボ
  石 鹸